病気を知ろう

脊柱側わん症

脊柱が一方側に曲がりカーブを作ってしまう病気です。複数にその部位があれば複雑に曲がることもあります。特に10代の女子に多い病気です。 現代医 […]

続きを見る>

水筋肉

この言葉は私の造語である。筋肉に水が含んでいて、「ブョブョ」になってしまっている状態を示す言葉に使っている。 腎臓は血液を浄化し、その10% […]

続きを見る>

コリは簡単には取れない

読者から「本に書いてあるとおりに、近所のしかるべきところに行ってコリを取ってもらっているのですが、治りません。何か違っているのでしょうか?」 […]

続きを見る>

癌は怖くない

「ガンは結果である」と説いた学者がいた。千島喜久男先生。さまざまな論文、記事、著作において千島学説に関する記述に出会うたび、興味を喚起される […]

続きを見る>

動脈硬化

全身に網の目の様に張り巡らされている血管。その内の動脈は、酸素や栄養素を全身に供給している。その動脈が、年齢とともに老化し弾性力が失われ硬く […]

続きを見る>

自己治癒力

自己治癒力とは私が最初に言った言葉であると思っている。通常は自然治癒力といっている。その違いは大いにある。 通常、病気になったら自然に治す力 […]

続きを見る>

何故風邪をひくのか

現代医学では風邪とインフルエンザを区別している。 風邪は細菌、インフルエンザはウイルスによるものであるそうだ。私に取ってはどうでも良いことで […]

続きを見る>

抗ガン剤は効かない

二人に一人がガンになっていると報じられていた。いつ頃そうなったのか?よく判らない。しかもその数字が増加傾向にあるという。科学が進歩し、今まで […]

続きを見る>
123